Active Learning Education Programs Produced by iCeMS Scientists

At iCeMS, where scientists from different disciplines collaboratively work, we created active learning education programs for 1st year bachelor students in Kyoto University (ILAS Seminar “When Chemistry Meets Biology”) and high school students (iCeMS Caravan “The Mechanism for Learning”). Both programs are designed for creating a new idea by merging or integrating knowledges of different scientific disciplines of chemistry, biology, physics, mathematics and engineering.

iCeMSの科学者が作り上げたアクティブ・ラーニング型教育プログラム

iCeMSでは様々な分野の科学者が集まり、協力して研究を進めています。その中で、必然的に生まれてきた科学的思考方法を教育プログラムとして結晶化し、京大1回生向けのILASセミナー「化学と生物学の視点を超えて」、高校生向けのiCeMS Caravan 「学びのカラクリ」として提供しています。どちらのプログラムにも共通したコンセプトは、化学、生物学、物理学、数学、工学といった違う科学的視点を組み合わせ、みんなで議論することで新しいアイデアを創出することを目的としていることです。